logo_small  logo_text                           icon-001 お問い合わせ  icon-001 プライバシーポリシー
navi01_housenavi01_donationnavi01_introductionnavi01_aboutnavi01_about
navi02_support
navi02_activity
navi02_family
navi02_accident

support.png

activity.png

family.png

accident.png



about



safely



  警察庁のまとめによると、平成24年中の全国の交通事故死者数は、前年に比べ201人(4.4%)減少し4,411人で、12年連続で減少しているとの発 表がなされました。しかし、その一方で飲酒・無免許・スピードの出しすぎなどの無謀な運転により尊い命が犠牲になる事故が後を絶たず、登下校中の児童が巻 き込まれる事故も数多く発生しております。
 このような登下校中の児童が巻き込まれる事故については、道幅の狭い道路や渋滞の抜け道となっている道路、横断歩道のない交差点、歩道やガードレールが 未設置な箇所などで多く発生しており、文部科学省・国土交通省・警察庁の調査結果によると全国にこのような危険な通学路が約6万箇所、平均すると1校あた り3箇所程度は通学に危険な場所があるということになります。
 また、三重県警や三重県教育委員会によると三重県内において近年発生している刑法犯の発生状況は、「車上ねらい」や「自販機荒らし」等、屋外や街頭で発 生している犯罪が刑法犯全体の約7割を占めている状況であり、刑法犯全体の認知件数は、10年前と比べて2倍近くに上っている状況です。このような中、通 学路において子どもが凶悪な事件の被害者になるケースが全国的に多発しています。

  こういった犯罪が発生する場所には、周囲から見えにくい地下道や高架下のトンネル、人通りの少ない道路などいわゆる領域性・監視性の低い場所で発生しやす いという特徴が共通して見受けられます。逆に、領域性・監視性の高い場所等では犯罪は起こりにくくなっており、日頃からの監視の有無は、地域の犯罪の発生 に大きな関わりをもっています。
 上記のことから、通学路を中心に地域を定期的に巡回し、監視することは地域の事故や事件の減少・予防のための非常に有効な対策であると言えます。しか し、それには地域を随時巡回し、同時に児童・生徒や地域住民に注意喚起を必要があるため、多くの時間と労力が必要となります。そのため、行政だけに任せて しまうのではどうしても人手と時間が足りなくなってしまうのが現状です。
photo
  上記問題を解決するためには、地域において巡回を行う人員を確保するとともに、民間から定期的な巡回活動を行っていき子ども達を見守るとともに、通学路に おける危険な箇所を見つけ出し注意喚起を促す必要があります。また、併せて児童・生徒や地域住民に対し、通学路を中心に地域における交通安全・防犯活動の 重要性を理解していただく必要があると考えます。
 そこで、私たちは、広く一般市民に対して、地域における交通安全、防犯活動の推進に関する事業を行います。それによって、積極的に地域の交通安全・防犯活動に努めていくとともに、地域の児童・生徒や住民に対して交通安全・防犯活動の重要性を啓発してまいります。
 子ども達の安全を確保する為、飛び出し注意を喚起する看板を登下校時における通学路を中心とする危険箇所への設置を推進すべく、どんぐりの会の会員の方より寄贈して頂き、各小中学校に代わりどんぐりの会が設置、管理をおこなっていきます。









line

graph





路線別に人身事故発生件数を見てみると
私たちの身近な市道が1番多くなっています。
子どもたちの通学路も市道が1番多く、
通学途中に危険が多いということが分かります。




line







 事故当事者の年齢別で事故件数みてみましょう。
 やはり15歳以下の事故が多くなっています。
 子どもの交通事故による犠牲が多いのが現状です。
graph



line

graph







事故の際の車両の違反内容に関しては
悪質違反に比べて動静不注視、安全不確認、前方不注意に
よるものが圧倒的に多いです。
ということは注意喚起を促すことが重要と考えられます。








iconトップにもどる 
bar
>広域対応型学童保育 どんぐりの家
>寄付を通じて社会を変える会員・寄付金等の募集
>支援をくださっている企業・個人様の紹介
>NPO法人どんぐりの会概要
>母子・父子家庭をサポートします
>子どもたちの課外活動の機会を増やします

>子どもたちの家族が安心して働けるように放課後保育を推進します
>子どもたちを交通事故の危険から守ります
>プライバシーポリシー
>商標登録について
>お問い合わせ


Copyright (C) 特定非営利活動法人 どんぐりの会. All Rights Reserved.